本と落語と旨いもの‥まあさんの東京街歩き日記

本と落語と旨いもの‥日々趣味にまつわることを書きたいと思います。ブログの素人もいいところ、暖かく見守っていただければありがたいです。趣味が共通の方との情報交換もできればなあと思っています。

軽井沢高原教会/石の教会 《軽井沢 その三》

軽井沢旅行記の「その三」です。
同行した家族の希望で、中軽井沢の“軽井沢高原教会 サマーキャンドルナイト”に行きました。
candle.karuizawachurch.org
軽井沢高原教会、石の教会、星野リゾート ホテルプレストンコートの一帯がキャンドルで彩られるイベントです。
軽井沢駅から中軽井沢駅へ“しなの鉄道”で一駅揺られ…。
(この電車、扉を手で開けるんですよ‼️降りる時、本当に開くのか焦りましたが手慣れた乗客がすんなり「手で」開けてました❗️)

中軽井沢駅からはシャトルバスが運行されています。
現地に着きますと…。いやあ、キレイです😲
私の拙い文章は無用かもしれません。何枚か写真でご紹介しますね。
(写真のサイズが不揃いなのはご勘弁を…)





こちらは、“石の教会 内村鑑三記念堂”です。まさに石で造られた教会…。

館内は写真撮影禁止でしたので、パンフレットをご紹介…。とても神秘的な空気に満たされた空間です。

とても素敵なイベントでしたよ🤗

【番外編】「天気の子」を観る

(日頃はあまり映画の感想を書きませんので、要領が悪いです😔内容に触れますので、まだ観ていない方はご留意ください。)

話題の「天気の子」を観てきました😄

「少年が少女に出会い、引き離され、再会を果たす」ボーイミーツガールの王道ですね。オジサンはこういう展開に弱いのであります😅
ここに新海誠監督一流の演出が施されていきます。美しい絵、世界観、とても素晴らしい映画でした。

山手線のいくつかの駅が非常にリアルに描かれ、ちょっと訪れてみるか、と思わずにいられません。主要な舞台となる“代々木会館”は、解体工事中とかで人も集まっていることでしょう。私は“田端”に行ってみたいなあ☺️

物語の終盤、別世界?に消えた少女を主人公の少年が追いかけ、再会を果たすクライマックスになりますが、あるアニメを思い出しました…エウレカセブン(TV版)の最終回「星に願いを」を彷彿とさせます。さらに二人で“飛ぶ”シーンは同じく「バレエ・メカニック」を思わずにはいられない…。
あと、飛びながら好きな人の名前を叫ぶ…というと、「うる星やつら2〜ビューティフル・ドリーマー〜」のラストですかね(多分)😄
私の拙い経験の範囲ですけど、観ながら好きなアニメを思い出した…そんな話でした😓

(公式HP)
tenkinoko.com
(偶然ですが東京MXテレビで再放送中!)

s.mxtv.jp

旧軽井沢Cafe 涼の色 《軽井沢 その二》

軽井沢旅行記の「その二」になります。
川上庵のお蕎麦で大満足、涼やかな別荘地を通り抜けますと…。
同行した家族の大推薦、旧軽井沢Cafe “涼の音”に到着です❗️
「旧松方家別荘」とありまして…リノベーション・カフェなんだそうです。

外観はこんな感じ…。

店内はこんな感じ…。

お庭…(写っていないのですが)椅子・テーブルも2セットあり、外でお茶をいただくこともできるようです。また写真のサイズ間違えました😓

私はアイスコーヒーをいただきました。こちらは、妻がいただいたアイスケーキと紅茶です(美味しかったそうですヨ)😉

とても雰囲気が素敵なカフェでした。
私たちはお茶だけだったのですが、食事のお客さまも多くて、どの料理も美味しそうでした。
“海老とホタテのアメリケーヌソースパスタ”が特に美味しそうでしたよ〜。
食べたお客さんが「美味しい❗️」と声を上げていたのが印象的🤗
ぜひ食べてみたい‼️

goo.gl

川上庵 天せいろ 《軽井沢 その一》

8月13、14日に軽井沢へ1泊旅行へ行ってきました❗️
台風10号の影響を気にしながらでしたが…13日は天候に恵まれ、あちこち巡ることができましたので、ささやかにレポートします。

軽井沢への旅行は8年ぶりになります。
東京が30度以上というのに当地の別荘街は林間なので体感は25度くらいでしょうか…避暑にきたなあと実感します…避暑もさることながら、旨いものも愉しみということで、人気の蕎麦屋「川上庵」へ行ってみました。
これまでは、中軽井沢「かぎもとや」で美味しくいただいていたので、初めてということになります。

軽井沢に到着するや直行しますと…開店11時15分頃、すでに行列が…でも何とかなりそうな感じです😃
店内にも8人くらい並んでいるのですが、店外の行列は数人くらい…11時30分開店なのですが開店も繰り上げたようです。

並ぶこと15分ほど…意外と回転が早い😊
私は天せいろ(並)、妻がおろし蕎麦を注文…来ました❗️
こちらが天せいろ(並・1,720円)

おろし蕎麦(1,240円)ちなみに天ぷらは、天せいろのが映り込んでます😓

二八蕎麦だそうです…喉越しがよいこと❗️薬味はネギ、大根おろし、わさび…。
ちょっと乗っけて食べるとまた美味しいこと、蕎麦つゆも濃い目でお蕎麦にとても合います。
天ぷらはお店のおススメで「塩」でいただきますと、これも美味❗️
海老は大きめのがまるまる一尾、欲張りでアタマからいただくと、カニみそならぬエビみそが口の中に広がります。
本当に大満足❗️また行きたいなあ🤗

(地図)場所は軽井沢銀座の入り口、すぐ分かりますよ!

夜明けの縁をさ迷う人々 小川洋子

久しぶりに小川洋子さんの小説を手にとりました。

「猫を抱いて象と泳ぐ」がそうであるように、ハンデを負った人(作中ではそれが個性として描かれているようです)が主要な登場人物として物語が進むなど、読むうちに「生」「死」を意識させられる作風です。

文章は美しくも冷たい印象ですが、それでいて作者の暖かな視線を感じたりと、非常に魅力的に思うのです。

本作は短編集。収録されている「イービーのかなわぬ望み」はそんな一編でした。他の作品、野球を題材にした二編もとても味わいの深い作品でした。

たまに手にしたくなる、そんな作家さんです。

夜明けの縁をさ迷う人々 (角川文庫)

夜明けの縁をさ迷う人々 (角川文庫)

今半(人形町本店)会席膳/お弁当

昨日、三越で購入したお供えを携えて、実家へ挨拶へ行きました。
仏壇へ”虎屋の水羊羹”をお供えして、ささやかながら家族三世代で昼食会であります。
父が少々奮発して今半の会席膳(仕出しのお弁当)をごちそうしてくれました。
いずれも美味しいお料理ばかりでしたが…
生ものを避けてお刺身に入れ替えてもらった”ヒレカツ”がウマかった‼
仕出しのお弁当ですが、お吸い物も天つゆもポットで提供されて熱々です。
家でいただく今半のお料理はとても美味しかった😇


goo.gl

小洞天のしゅうまいご飯 【付録】 うさぎやのどら焼き

お盆休みをいただいています。

実家への挨拶と(お墓が遠いので)仏壇へのお供えを買いに久しぶりに日本橋三越へ行ってきました(8月10日)。
デパートの苦戦が喧伝される昨今ですが、駐車場は満車です!お客さん結構多いんですね。
ちょっと遠めの”日本ビル駐車場”へ何とか車を置いて、三越へ…地下の食品売り場は活況です。
”虎屋”でお供えを無事購入、ミッション完了ということでお愉しみのお昼へ!
小洞天の”しゅうまいご飯”が好物ですので、妻に同意をお願いして直行です。

数年ぶりに訪れた小洞天(日本橋本店)、店員さんが国際色が豊かになった以外は全くいつもの通り。

来ました!”しゅうまいご飯(840円)”。やっぱり美味しいよなあ。
(因みに写真奥は妻が頼んだ”焼きそばセット(1,200円)”、少しお裾分けしてもらいましたところ、オイスターソースが効いて美味!)

goo.gl

【付録】
小洞天のすぐ近くに、「うさぎや」があります。土曜日は本店はお休みで中央通り店へ…。
上野のうさぎやはお馴染みで何度もいただいてますが、日本橋うさぎやは初めて…どら焼きを購入しました。
上野のうさぎやに比べてカワがこんがりきつね色でしたが、ゆるめの餡と相まってとてもおいしかった!
写真撮り忘れた~。
goo.gl